ニュースリリース

2022年3月22日

【北海道ニセコ】ふるさと納税の新しい形・旅先納税を本格運用

記事カテゴリー:商品/サービス

一般社団法人倶知安観光協会は、ふるさと納税のシステムを活用し旅行客の皆様に納税額に応じて倶知安町でご利用できる電子クーポンを発行する旅先納税事業(事業名:倶知安e街ギフトKU-KURU)を3月22日より本格運用いたします。

 総務省が発表したふるさと納税に関する現況調査では、2020年度(令和2年度)に全国で6724.9億円のふるさと納税がされており、前年比137.9%でした。2014年以降毎年納税額が急激に増えております。しかし納税者のうち、ふるさと納税の利用率は約10.8%と考えられており、まだ伸び市場であると言えます。倶知安町としては、新型コロナ感染症の感染拡大する前である2019年は149.3万人の観光入込数があり、その数は人口の約99.5倍です。さらにニセコ観光圏が実施している来訪者満足度調査によると、80.9%がリピーターであり再来訪意向も高く、ニセコエリアを好意的に見てくださっているお客様が多いことが分かります。

 旅行で来ていただいたお客様にふるさと納税のシステムを利用し納税いただくことで返礼として電子クーポンを発行する本事業を今年度冬シーズンに3か月間実証実験を実施したところ、964.5万円の納税をいただき、電子クーポンの利用総額も約282.9万円となりました。町の歳入増加や事業者への波及効果、お客様への利便性の向上の点から非常に好評であり、本日より本格運用を開始することといたしました。 

 旅先納税を活用し、より多くの皆様に、夏はラフティングや登山に散策、そして冬はパウダースノーの中でのスキーやスノーボードと通年通して、ニセコエリア倶知安町でのご旅行をお楽しみいただければと思っております。

 大変お忙しいかとは存じますが、ふるさと納税の新しい形としてこの旅先納税が地方創生の機会創出の1つとなることを広く日本国内にお伝えする機会をいただければと思います。

倶知安e街ギフトKU-KURU概要

実施期間:2022年3月22日(火)~2023年3月31日(金)

※2023年3月31日以降も継続予定

電子クーポン使用期間:旅先納税した日から180日間

電子クーポン使用可能店舗:倶知安町内の飲食・宿泊・アクティビティなど(現在約90店舗)

WEBサイト: https://ku-kuru.jp/

問い合わせ先

一般社団法人 倶知安観光協会(倶知安e街ギフトKU-KURU事務局 担当:向田)

 〒044-0078 北海道虻田郡倶知安町樺山41-5 サンスポーツランドくっちゃん

 TEL:080-6867-2293 Mail: info@ku-kuru.jp

 webサイト:https://ku-kuru.jp/

担当:ラミレズ 麻衣


ページトップへ